転職する

HOME

転職を考える

今現在の働いている会社での労働環境に気になる点を感じたら、転職を考える良い機会です。

学生から社会人になる時に勤め始めた会社を、定年退職前にやめる日本人は、以前は少数でした。

会社に対して多少の不満があったとしても、我慢することは当たり前であり、定年まで勤め上げることが美徳とされていました。そのような働き方に対する考え方は、年功序列制や終身雇用制度が多くの企業にあった為だと考えられています。

会社が従業員をしっかり守るという環境があり、職場を離れる人間の方が損する確率が極めて高かったという背景もあります。

しかし最近では、1つの会社に留まることはせずに、むしろ転職を繰り返して成功する人も大勢います。昔は実質的に不可能だと言われた業種を変える事も可能になり、転職に対するマイナスイメージもほとんど無くなってきています。

少し前まで、日本で転職を考える時には、以前働いていた業界と同じ業界でなければ、転職は難しいと思われていたようです。

現在では、転職支援サービスの普及によって、その壁は一切無くなってきており、比較的自由に転職活動ができるようになってきています。

官公庁などの公共機関が民間企業の出身者を採用するなど、別の業界から応募する志望者を中途採用で積極的に雇用する企業も目立って来ています。

普通の事務職に従事していた人が、営業職や企画職をする為に会社辞めて転職する事も、何ら問題なく出来る環境に変わってきています。

転職を考えている人は事前にしっかり情報収集をして、転職サイトや転職支援サービスを有効活用すれば、転職活動をスムースに進められます。

 

転職をする時は

終身雇用という考え方は時代と共に少なくなり、転職することに対する抵抗感はだんだんと薄れてきています。

以前は、転職をすることはできれば避けたいことでしたが、将来の自分のために転職をするという考え方も広まっています。

結婚をして家族が増えたり、自分自身の今後のことを見つめ直す時に実行するかどうかは別にして、転職を考える人はいると思います。例えば転勤することが多い会社であったり、転勤の辞令を断りにくい会社に就職したとします。

独身の頃は、勤務地がどこでも構わないと考えていた人だとしても、結婚し子をもうけ、単身赴任を求められると、また条件は異なってくるものです。

単身赴任で遠くの地で働くか、妻と子を一緒に連れて慣れない土地で暮らしてもらうかなど、考えなければいけないこともふえます。

子供がいる人が転勤する場合は、転勤する毎に子どもも一緒に転校をするか、自身のみが単身赴任をするかの選択をしなければなりません。

今後転勤をしないですむように、会社を移るということも、検討する人も出てくるでしょう。何を選ぶかは家族で相談することになりますが、家族が増えることは、転職を考えるきっかけの1つになります。

自身が病気になり家族との同居が必要になったり、逆に家族に介護が必要になり同居することになったりなど、生活の環境の変化は転職のきっかけになることが多いです。

人によっては、転職をしたために、休日が減ったり、給与が減ったりと、何かしら妥協が必要になる場合もあります。

転職をする時は、全ての要求を満たそうとは思わず、妥協できる部分や、実現したい部分を明確にすることが、ポイントになります。

 

年齢

高校や大学を卒業してから、現在まで転職をせずに勤めているという方は大勢います。

日本人の価値観では、仕事を途中で変えるようなことをせず、同じ会社で働き続けることが、スタンダードなスタイルとされていました。

日本の企業は終身雇用制が基本であり、定年退職まで社員を解雇することはないという仕組みが、あるべき姿となっています。

ただ近年、働き方の多様化によって、終身雇用という考え方が時代に合わなくなってきている面もあります。

転職をして、仕事を変えるという可能性を考慮する人がふえてきた背景には、仕事を変えることについて、肯定的な見方をする人がふえてきたことがあります。

日本では、30歳前後が最も転職をしやすい時期だと言われています。

そのため、30歳ぐらいで転職をする人が大勢いるといいます30歳前後とは、まだまだ将来性もあり、伸びしろもある時期であると同時に、今まで働いてきた経験や、実績をアピールしやすい年代です。

今まで、10年近く今の仕事をしてきていますので、30歳前後になると十分な実績や、スキルを持っています。新卒後ずっと同じ企業で働いていた人ならばかおさら、別な職場でも戦力になれるだけの技術を持てています。

そのため、より高い待遇の会社や、さらなるスキルアップを考える人が多くなるのも、理解が出来ます。

年齢を重ねてからでは転職がやりづらくなるため、若いうちに転職をして、この先の仕事をスムーズに続けられるように身辺整理をしたい人もいます。

若い人ほど、転職活動では採用されやすくなります。30歳前後とは、転職活動を成功させるためには、ギリギリくらいの時期といえます。

 

PAGE TOP